乾燥肌にはタンパク質が必要

体は食べたものでできています。化粧品で外からケアするのも大切ですが、食事をしっかり摂って内側からのケアもしないと肌はきれいになりません。高価な化粧品を使っても効果が得られないときは、食事内容を見直してみましょう。

タンパク質は細胞を作るために必要な栄養です。不足するとターンオーバーが乱れます。肌の保湿力は細胞間脂質が80%、天然保湿因子が18%、皮脂はたった2%です。細胞間脂質や天然保湿因子はターンオーバーの過程で生まれます。タンパク質が不足すると、ターンオーバーが乱れて乾燥肌になります。

ダイエット中の女性は、朝はコーヒーのみだったり食べないことがあり、昼食はサラダとコーヒー、夕食はコンビニのお弁当などタンパク質が不足した食生活をしています。このような食事を続けているとタンパク質不足で乾燥が進行します。

タンパク質が多く含まれている食品は、肉・魚・卵・乳製品・大豆などです。ターンオーバーを正常にするには、毎食タンパク質を摂取する必要があります。

朝はお腹が空かない、時間がないことがあると思います。そんなときは、ヨーグルトや豆乳などでもよいので口にしましょう。食べられるときは納豆、焼き魚、卵、チーズなどがおすすめです。

昼はパスタやパンなど単品メニューを選びがちです。炭水化物中心でタンパク質が不足しています。焼き魚定食、所が焼き定食など定食は、いろんなものが食べられてバランスがよいです。タンパク質もしっかり摂れます。

夜は消化に良い食事をしましょう。油っぽい肉は控えて、白身魚や納豆、豆腐など消化に良いものを食べます。夜にタンパク質を摂ると、寝ている間の肌の修復を手助けします。

続けていればターンオーバーが正常になって、肌が変わってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>