気ままな毎日の中で

仕事を辞めてから、時間がけっこうできてきたので、家の周りを見渡し妻にまかせっきりにしてきたことを、性根を入れてはじめました。
仕事を辞めたのは、この4月ですが、庭回りの木だとか、年中つるしたままのすだれとか、ガラクタの整理とかそんなことを始めました。
まず不要と思えるものを餞別し、ゴミに次々と出していきます。次に金属類や紙類は廃品回収者が、しょちゅう来ますから、持ち帰ってもらえるものはすべて持ち帰ってもらいました。
残りを回収日に出すわけですが、回収日には忘れずにとことん出しました。もちろん傷んだ鉢物だとか、プランターだとかそんなものも、片付けるとずいぶんすっきりしました。
そこですだれの変わりに、ゴーヤをプランターに植えて育てていますが、背の高さくらいになり順調に伸びています。
肥料にも工夫をして、今までは化成肥料だけでしたが、ゴーやは食べるわけですから鶏糞や、腐葉土を買ってきて育てています。
それとともに、柿とか甘夏柑とか、ブドウが有りますが、それの土壌改良もして今までに比べると葉の色も、実のなり方もずいぶんと違うようです。
特にブドウは余りつるも太くなく、元気もありませんでしたが、見違えるようになったきました。
庭木の込んでいるところも、切り込み目隠しになる程度にまでにして、すっきりとさせて、今からの梅雨のうっとおしい時期への準備もしています。
根の張りすぎた鉢植え、特に蘭の植え替えに、今精を出しています。時期的にいいのかどうか分かりませんが、根が張って盛り上がり勢いの良い芽もでないので、花もつきません。
そんなものが10鉢くらい有りますので、蚊に噛まれながら少しづつ大き目の鉢に植え替え中です。
妻の管理のものなのですから、自分でも少しすればと思いますが、なんとなくあてにされて、結局自分がする羽目になっているようです。
まだまだすることはいくらでも有ります。

 

節電は大事

日々、節電を心がけています。
使わない部屋の電気を消す、トイレは使ったら電気を消す、朝明るくなったら照明を消す、暗くなるまで照明はつけない、など、一般的に知られている節電方法はもちろん、我が家の細かい節電方法をご紹介します。
炊飯ジャーも節電の対象です。
夜タイマーをセットし、朝炊けたら電源を抜きます。
保温状態が長いと以外に電気代もかかってると知ってからは、毎日やっています。
お昼は誰もいないし、夕ご飯前、二時間くらい前から保温しておきます。
テレビは見ない時は必ず消しています。
必ず主電源を消すようにしています。
以前は2階のブレーカーを落としてました。
でも、家族に不評で三か月ぐらいでやめました。
しかし、節電効果は、年々薄れています。
それは、3人いる子供たちが大きくなってきたためです。
小さい頃は、家族全員が居間に集まっていたものです。
大きくなり、自分の部屋にこもるようになり、当然夜更かしも以前よりするようになり、電気の使用量がグンと増えました。
ゲームは一人一台となり、充電・充電の日々。
以前使ってなかった家電品が増えました。
IHクッキングヒーターにしたものの、電気代が高い日中に使うおばあちゃんは煮込み料理や強火が大好きなもので、割高になってるしまつ。
去年より、一か月3千円は高くなっています。
ただ、我が家にはエアコンがありませんので、それだけ夏は安くなっています。
オシャレになった子供達は、洗濯に出す衣類も増えています。
洗濯機は7キロを一日2回から3回まわします。
今の電気代を見て、子供が小さい時は以外とかかってなかったんだと思う日々です。
持家なので、余計にそう思うんでしょうか。
維持費だけで倒れてしまいそうです。

今後を見据えた生活の仕方について

最近転職をして、生活の仕方も少し変わってきています。
仕事以外の生活部分について、特に朝気をつけていることをまとめてみます。

朝は出来る限り、ギリギリまで寝ていたいです。
すると、起きてから出社までにすることも限られてきますし、出来るだけ効率的に行う必要があります。

私は一人暮らしの男性ですが、朝起きるとまずお湯を沸かします。
水筒で紅茶やコーヒーを作って会社に持って行くためです。水筒男子という言葉ができましたが、正にそれです。
以前の職場では缶コーヒーなどを1日3〜5本程度飲んでいましたが、今では水筒1つで済んでいます。
これにより、1日250円〜500円程度も節約できるようになりました。
しかも、今まで避けていた紅茶が思いの他美味しかったという新たな発見もありました。

朝ご飯はだいぶ大胆な行動をとるようになりました。
食べない、またはお菓子を食べるという行動です。
食べ過ぎる方が調子が悪くなるので、あまり朝は食べられません。それでも体力の関係でどうしても食べておきたいときは、お菓子であればスムーズに食べられることを発見しました。
朝からワッフルやシリアルという家庭もあるのですから、お菓子でもあまり変わらないのではないかと思って採用しています。

職場の昼休みには、既婚者の先輩たちから、家庭の様子などを聞いて今後の勉強にしています。
しかし既婚者であっても朝も食べないし弁当も持ってこないという方も実は結構います。
私はたまにサンドイッチを作るようになりました。これなら簡単なので、それほど苦ではないということが発見でした。
それでも、とにかく寝ていたい日には作らずに、50円台のカップ麺等を探して持参します。

前職では、こうした朝の行動をとる余裕さえ無かったのですが、今では朝だけでも少しずつ経済的な生活を送れるようになってきました。
この調子でさらに効率的で経済的な暮らしを目指したいと思います。